ご自身の打ち方=弾道と距離について

こんにちはTecTecTecの水島です。

レーザー距離計で図る時は高さも把握しないと勘違いしやすい。
友人といった練習場ですが、2階打席でも230ヤード地点は5mくらい高いです。

今日はレーザー距離計で距離を測っても、クラブの距離感が合わないっ、ということについて、よりリアルなゴルフプレーの観点からお話したいと思います。

皆さんはご自身の打つボールの「弾道の高さ」を把握していますか?
ボールがお友達や練習場などで他の人と比べて「高い」方は、距離計で計測した時に「自分のボールは高く飛ぶから、距離を大きめに打とう」っという方が多いのですが、最近のクラブは「高くても飛ぶ=ボールが低スピン」が多くなっているので以外に「飛び過ぎる」ことになります。 また逆に「高くて飛ばない=ボールのスピンが多い」人もいます。
自分がどちらか分からないときの「目安」ですが、ティーアップしたボールをSW=サンドウェッジで打った時に
「直に打つよりも飛ぶ=低スピン」
「直に打つよりも飛ばない=高スピン」
っと、考えてよいです。(むろん、稀な方はいますが。。。)
今日のポイントは練習場でもしっかりレーザー距離計を使って自分の距離を理解するとコースで役に立ちます。
そういう意味では高低差のある「3階打席」で打つのも良い「練習」なのです。(ただし、目線は水平を見て構えて「視線」だけピンを見る)
とはいえ、練習場ボールは飛ばないワンピースなので1割程度はプラスして覚えてください。

レーザー距離計 VPRO500S
これは、昨年のハワイ島で撮影たVPRO500S

以外に?練習場も傾斜がある(特に150ヤード以上)場合があるので、しっかりと自分の距離を覚えることはとても大事です。