レーザー距離計で何をすべきか?

こんにちは、TecTecTec Japanの水島です。

今回はレーザー距離計の使い方を少し話したいと思います。

今は殆どのゴルフカートにGPSナビが付いているので昔よりはクラブ選択の悩みは減りました、しかし「カートの近くにボールが無いときに問題」が発生します。

日本のコースは高低差が激しいホールが多く、以外に距離が表示と違う場合が多くあるのはご存知の通りです。

そこで、レーザー距離計の出番なのですが、

コツとしては、下記の3点と思います。

「自分の距離を知っている」=以外にコースに行く前に練習場でも使って確認しておく事が重要。(練習場は飛ばないワンピースボールなのでそこも考慮して下さい。)

「絶対に打ちたくない場所を決める」=「届く場所・届かない場所の見極め」

「風の計算は意外に大事」=コースでも打った後に計測して、自分のボールが風にどのくらい影響するかを覚えていく。(これは重要で、打ち方の違う他の人の番手選択は役にはたたないです。)

これを、踏まえて下記を計測すると良いと思います。

○ ティーグランド ・・・「狙う」か「振る=飛ばす」かを決めるために、2打目付近のOB・バンカー・池までの距離を計測する。 1打目は「目に入るもの」が気になるようにコース設計されており冷静さを狂わせるわけです、そこでレーザー距離計で数値化します、例えば160ヤード飛べば池もバンカーも関係ないと「数字」で見ると心理的に安心します。

○ グリーンを狙うとき・・・「バンカー」「池」を「どう避けるか?」。 ピンを狙いたいのはやまやま!でもミスするのがゴルフ、そこで「外すならピンの奥か?手前か?右かか?左か?」という「保険」を掛けるわけです。無理にピンを狙って奥のバンカーからホームラン・・・ってよくある話です。もちろん、バンカーが得意な人はバンカー側から攻める、ここは「取捨選択」をしっかりする為に「スキャンモード」で「ピンの周り」を計測して「駄目でもまあいい」という心理にする方がリラックスできます。

誰でもピンを直接狙いたい、でも失敗したときのリスクが常にあります。

でも、プロゴルファーでもこの考え方に沿ってプレーするのが基本、ゴルフは「あがってなんぼ」とも言われます。スコアがよければ楽しい。

皆様も自分のゴルフを見つける道具として距離計をお役立て下さいね。