レーザー距離計を比べてみよう

こんにちは。

TecTecTecの渡邉です。

昨日は芸能人の石田純一さんが主催するコンペに参加してきたのでこのブログに書こうかと思ったのですが、最近、お客様から「TecTecTecn距離計は他と比べてどうなんですか?」、「距離計のスペックが比較できるサイトってありませんか?」と問い合わせが多いので先にこっちのネタを優先して書こうかと思います。

お客様に言われて私もネット等で調べてみましたが、確かに他のメーカーのレーザー距離計のスペックや特徴がまとめて掲載されているサイトはないです。
レーザー距離計のルールが改正してから、急激にレーザー距離計の販売台数が増えてはじめ、新規で参入するメーカーさんや新機種を投入するメーカーさんも増えて、ユーザー目線だとどれを購入していいかわかりにくいですね。

という要望にお応えして独断と偏見でレーザー距離計の気になる機能軸視点でまとめてみました。

ゴルフ用レーザー距離計の比較

ゴルフ用レーザー距離計の比較写真
ゴルフ用レーザー距離計の比較写真

正直、あまりにもモデルが多いので勝手にピックアップしました。笑(ちょっと多すぎ)
今回比較対象するモデルはTecTecTec(テックテックテック)のVPRO500、VPRO500S、ULTX800、ULTX1000の4機種、Nikon(ニコン)のCOOLSHOT PROSTABILIZED (クールショットプロスタビリズド)、COOLSHOT 40、COOLSHOT20GⅡの3機種、BUSHNELL(ブッシュネル)のPRO X2とTOURV4の2機種、kenko(ケンコー)KLA-600A、ドリップ(DRIP)のスティンガーとキャディトークMini、Volvik(ボルビック)のV1、最後にSHOTNAVI(ショットナビ)のX1 Fitの計、15モデルになります。機能軸は一番問い合わせの多い、価格、最大測定距離、精度、傾斜モードの有無、測定スピード、保証期間に加えて、意外とあとで気になる防水機能やサイズ、重量で比較してます。

価格の比較

価格の比較写真

まずは「価格」です。
1位 ケンコーKLR-600A:14,800円
2位 TecTecTec VPRO500:16,800円
3位  ニコン クールショット20GⅡ:18,500円
4位 TecTecTec VPRO500S:19,800円
5位 TecTecTec ULTX800:24,000円

ブログに記載するのはトップ5のみでそれ以外は添付画像を確認してください。
価格はやはりケンコーさんのKLR-600Aが圧倒的に安いですね。いや安過ぎます。笑
弊社も価格設定するときに当然、市場調査と実際に購入して試してみましたが必要最低限の機能でレーザー距離計の価格を圧倒的に下げたケンコーさんはさすがだと思います。数年前まではレーザー距離計というと最低でも3万円後半から4万円ぐらいがスタンダードでしたがここ数年で相当価格が下がってきてますね。トップ10が3万円以内ですのでこの価格対であればGPSウォッチとも同じなので選択肢に当然入ってくると思います。

最大測定距離の比較

最大測定距離の比較写真

続いては「最大測定距離」です。
1位タイ ブッシュネル PRO X2:1300ヤード
1位タイ DRIP スティンガー:1300ヤード
3位    ニコン クールショットプロ:1200Y
4位タイ ブッシュネル TOURV4:1000ヤード
4位タイ   TecTecTec ULTX1000:1000ヤード

トップ5はさすがの1000ヤード越えです。レーザーの種類によってはメーカーの公表値は1000ヤードでももっと計測可能なモデルも多いと思います。正直、どんなに長いパー5でも600ヤードあれば十分なのですが、何故か長い方を買ってしまいますよね。笑
補足ですが、長い距離を測定できるというとは当然良いレーザーを使用しています。つまり精度もあがってきます。

精度の比較

精度の比較写真

続いては「精度」です。
1位タイ   TecTecTec ULTX1000/800:±0.3ヤード
2位    ブッシュネル PRO X2:±0.5ヤード
3位タイ ニコン クールショットプロ:±0.75ヤード
3位タイ ニコン クールショット40:±0.75ヤード
5位    TecTecTec VPRO500/VPRO500S:±1ヤード

調べてみた感想は±1ヤードが圧倒的多数を占めてますね。逆に1ヤード未満は4機種(3社)しかないのでここは購入のポイントになるかと思います。

傾斜モードの比較

傾斜モードの比較写真

続いては「傾斜モー」ドです。
ここは順位付けが不可能なので単純に比較にするだけになりますが、各メーカーさん傾斜モード有りがほとんどです。日本の地形状この機能はマストハブ+ルール改正になり切り替えができれな使用可能といいうローカルルールが多いのでここに適応している感じですね。逆にここの機能を省いて競争的な価格で投入しているメーカーさんも数社あり、各メーカーさんの戦略が垣間見られますね。

測定スピードの比較

測定スピードの比較写真

次は「測定スピード」です。
1位    TecTecTec ULTX1000/800:約0.2秒
2位タイ DRIP スティンガー:約0.3秒
2位タイ   ニコン クールショットプロ:約0.3秒
4位タイ ニコン クールショット40:約0.5秒
4位タイ   DRIP キャディトークMini:約0.5秒

「測定スピード」は当初、個人的に1秒以下なので比較検討する際にはあまり重要度は低いだろうと思ってました、、、、、、、、、、結論、このコンマ1秒が重要でした。比べると尚更わかりますが全然違います。ストレスなく測定できるのが1秒まで。それ以上は正直遅くて困っちゃいます。逆に0.5秒以下は早すぎて感動します。この辺を味わうと他にうつれません。

保障期間の比較

保証期間の比較写真

次の比較項目は「保証期間」です。
最近のレーザー距離計は工場が集約されていて大体、中国のある場所になっています。従って部品品質や組み立て品質はほとんど大差ない中で保障期間が長いのは安心かと思います。

1位タイ TecTecTec ULTX1000/ULTX800:2年間
1位タイ  TecTecTec VPRO500/VPRO500S:2年間
3位     ボイスキャディ CL:1年間
4位    ボルビック V1:1年間
5位      ショットナビ X1 Fit:1年間

となってます。ほとんどのメーカーさんは1年間の保証でTecTecTecだけ保証登録をすると購入日より2年間保証になります。

防水機能の比較

防水機能の比較写真

次は「防水機能」です。
ここは基本的にどのメーカーさんも防水対応になっています。まあゴルフは雨の中でも基本的には行うスポーツなので雨降って壊れちゃったじゃユーザーさん怒りますよね。笑 但し生活防水の中にはレベルがあり、そのレベルによってどの程度の水濡れが大丈夫かというのが変わってきます。この辺は公表しているメーカーさんと無いメーカーさんがあるみたいです。

重量・サイズの比較

重量・サイズ比較の写真

比較もいよいよ最後の項目「重量・サイズ」です。
この辺は皆さん意外とピンとこないかと思いますが、購入してから気になってくる点です。サイズはポケットに入るかどうかで持ち運びに関わってきますし、重量は意外と毎ホール計測するものなので重いと気になってきます。
まずは「重量」からです。

1位    ニコン クールショット20GⅡ:約130g
2位タイ ショットナビ X1 Fit:約145g
2位タイ DRIP キャディトークMini:145g
4位    ブッシュネル TOURV4:約159g
5位    ニコン クールショット40:約160g

最後にサイズです。ここは1辺の長さだと比較が難しいので3点合計で算出します。

1位 ボイスキャディ CL:196mm
2位 ショットナビ:199mm
3位 DRIP キャディトークMini:197mm
4位 ニコン クールショット20GⅡ:201mm
5位 ブッシュネル PRO X2:209mm

と以上となります。
つまり一番使用していて疲れにくいのがニコンのクールショット20GⅡでポケットに入れて持ち運びしやすいのがボイスキャディのCLになります。今回は形状は無視してますのでご了承下さい。

と以上9項目を独断と偏見で比較してみましたが皆様どうだったでしょうか?
意外とこのように比較してみると新しい気付きがいくつかあったかと思います。

本当は点数にして順位付けでもすると面白いのですが、一応、メーカーの人間なのでここまでにしておきます。

というわけでゴルフ用レーザー距離計の各社比較でした。
レーザー距離計の購入を考えている方は是非参考にしてみてください!