新レーザー距離計 ULT-S & ULT-S PROの全貌紹介!

こんにちはTecTecTecのミズシマです。

遂に!!弊社から「手振れ補正機能付き」ゴルフ用レーザー距離計が発売されます!!日本で販売を始めて3年目になりますが、カスタマーサポートに一番お問い合わせが多かった要望がこの「手振れ補正機能」でした。というわけで製品を画像も踏まえて詳しくご紹介させていただきます!

※下記は同日から有料チャンネルの「ゴルフNETWORK」で
放送されるコマーシャル動画です!

目次

手振れ機能 通称O.I.Sについて

ULT-Sシリーズで初採用された
光学補正機能は本体内部の「測定中央部分が揺れる」ことで使用者の手の揺れを相殺することで測定スピードを飛躍的に向上させています。

この機能で片手で計測しても、すぐにピンをとらえてくれます。
そのスピード感を「凄速(すごそく)」と表現しています。

本体内部のスケルトン イメージ画像

販売される機種は2種類

2機種の最大の違いは「表示される文字色」が異なる点です。
表示色は好みなのですが

ULT-Sシリーズ簡易比較表
違いは「表示文字の色」です。

M2(ピンモード)の表示

M3(傾斜モード)の表示(傾斜角度)

傾斜角度は通常の計測ボタンを押しただけでは表示されません。
下記の計測完了時に、本体「横」にある「MODE」ボタンを押すことで
直線距離を表示している中央上部分が「角度表示」に切り替わります。

打ち降ろし・打ち上げの角度を見たい時には便利!

本体のサイズ(ULT-Sシリーズ共通)

本体のサイズは、ULT-Xシリーズと殆ど変わりませんが、より「持ちやすく」「すべりにくい」形状を追求しております。

傾斜モードの切り替えはULT-Xシリーズと同じ

M3(傾斜モード)で計測する場合は、下記の写真のように本体先端のノズルバーを「引っ張り出す」と、MODEボタンを押すと「 M1 ⇒ M2 ⇒ M3 」とえらべるようになります!

最高レベルの機種誕生でラインナップが補完

今回の発表で使う方の希望に合わせた商品ラインナップが完成しました。

〇 小型・軽量のエントリーモデル「MINI」(ミニ)

〇 秀逸のバランスモデル「ULT-Xシリーズ」

〇 手振れ補正付きの新フラッグシップモデル「ULT-Sシリーズ」

が出揃うこととなりました。

購入はこちらから!

如何でしたでしょうか? 次週のブログでは
TecTecTec商品3タイプの比較をお届けします。

関連記事

ゴルフ初心者が必要な道具とは?あったら便利な道具もチェック

ゴルフ距離計 高低差機能を活用して傾斜を攻略!!

コロナに負けるな!今週LPGA開催!ミッションヒルズカントリークラブ