ゴルフ初心者が把握すべき飛距離の計算方法は?計算サイトもチェック

自分の飛距離が計算できると、スイングの上達を可視化することができます。
ゴルフ初心者の方は、数値を把握するなんて、まだ自分には早いと思うかもしれません。

しかし、初心者こそ自分の数字をきちんと知っておくことで、努力の方向性を見失わずにすむので、価値があると言えるでしょう。

そこで本記事では、ゴルフ初心者が抑えておくべき、飛距離の計算式と便利な計算サイトをご紹介します。
自分の改善点を正確に把握したいゴルフ初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

ゴルフの飛距離を出すには

ゴルフの飛距離を計算するためには、前段階として「ヘッドスピード」と「ミート率」を計算しておく必要があります

段階を踏んで、一つ一つ計算式を確認していきましょう。

 

ヘッドスピードの測定方法

ヘッドスピードとは、スイングの速さのことを指します。
ヘッドスピードの平均を導き出す計算式は、「ドライバーの飛距離÷5.5=ヘッドスピード」
つまり、ドライバーの飛距離さえ分かっていれば、ヘッドスピードの平均を計算で求めることができるのです。

次に、自分の実際のヘッドスピードを正確に測定する方法を見ていきましょう。

ヘッドスピードの測定方法

・ゴルフショップで測定してもらう

・ゴルフ練習場で測定する

・自分で測定器をつかって測る

有料にはなりますが、ゴルフショップやゴルフ練習場に行くと、自動測定器でヘッドスピードやミート率、飛距離を測定することができます。

もっとも手軽なのは、自分でハンディ測定器を使って測る方法です。
最近では、ポケットサイズで持ち運びしやすいハンディ測定器が売られています。

これを使うと、ヘッドスピードやボールスピード、推定飛距離、ミート率などを測定することができます。
ヘッドスピードを上げることは、飛距離の伸びにつながります。
ヘッドスピードを測定して数字を把握し、練習に活かすことが上達への近道です。

 

ミート率

ミート率とは、スイングしたとき、どれだけ効率的にボールに力を伝えることができたかを示す数値です。
分かりやすくいうと、芯を捉える正確さを示しています。
ミート率の計算式は、「ボール初速÷ヘッドスピード=ミート率」で求められます。

プロゴルファーのミート率は平均「1.5」ほど、アマチュアゴルファーは平均「1.3」程度と言われています。

ミート率の数値が大きくなると飛距離は伸び、小さくなると飛距離は伸びません。
ミート率を意識して練習を行うことで、自分のスイングのレベルを数値化して客観的に把握することができます。

計算するのが大変な場合は、ハンディ測定器を使ってミート率を把握するのもおすすめです。
数値を目標設定に使ったり、スイングの上達を確認するために使ったりなど、練習に活かしやすいミート率。
スコアに大きく関わってくる数値なので、計算式も含め、覚えておきましょう。

 

飛距離の計算式

飛距離を求める計算式は、「ボール初速×4=飛距離」

式中のボール初速は「ヘッドスピード×ミート率で求められます。

好スコアを目指すためには、自分の飛距離の把握が不可欠です。
なぜなら、理論上の飛距離と実際の飛距離とを比べることで、まだ飛距離が伸びる可能性があるのか判断する材料として使えるからです。

この計算式で求めた飛距離に実際の飛距離が届いてない場合は、ミート率の低さを疑ってみてもよいでしょう。
ヘッドスピードばかりに目が向きがちですが、ミート率を見直してみると、意外とこちらが原因のことも多いようです。

 

ゴルフの飛距離を計算できるサイト

ゴルフの飛距離の計算方法を見てきましたが、自分で計算すると間違う可能性もあり、なにより手間がかかります。
そのため、計算サイトを活用するのもおすすめです。

自分のドライバーの飛距離を入力するだけで、ヘッドスピードなど知りたい数字を自動計算してくれるので、サイトを知っておくと何かと便利です。

飛距離計算が可能なサイトを2つ見ていきます。

 

Lab-Golf

一つ目の飛距離計算サイトは、「ゴルフ情報サイト Lab-Golf」です。

こちらのサイトでは、ドライバーの飛距離またはドライバーのヘッドスピードを入力するだけで、簡単にゴルフの番手(種類)ごとの参考距離が表示されます。

自分の飛距離を把握するのにたいへん便利で簡単な計算サイトです。
ドライバーの飛距離を把握するために便利なのが、レーザー距離計です。
ボタンを押すだけで簡単に距離が測れるので、飛距離の把握に役立てましょう。

 

Golgol’sゴルフメモ

二つ目の飛距離計算サイトは、「Golgol’sゴルフメモ」です。

こちらは、ドライバーの飛距離と属性(性別・弾道・持ち球)を選択すると、自動計算をしてくれるサイトです。

表示される項目は以下のとおりです。

表示項目

・推定ヘッドスピード

・ゴルフクラブの番手(種類)

・飛距離

・自分の属性の平均飛距離

・最適なシャフト

自分に適しているシャフトなど細かい点まで教えてもらえる便利な計算サイトです。
レーザー距離計を使い、ドライバーの飛距離を把握した後に、このサイトを活用しましょう。

 

逆算でヘッドスピードを知る

飛距離が計測できると他の数値も知ることができます。
その代表がヘッドスピードです。

一般的にヘッドスピードが早いほど飛距離が伸び、遅いほどボールは遠くに飛びません。
パターをのぞくすべてのクラブにおいて、ヘッドスピードの速さが飛距離に直結すると言ってもいいでしょう。

ヘッドスピードを計測する機器もありますが、実は飛距離から逆算できます。
そのための計算式があるので参考になさってください。

ドライバーの飛距離÷5.5=ヘッドスピード

計算の際にはミート率も考慮に入れる必要がありますが、計算で求めたおよその数値でも十分参考になります。
計算方法や根拠についてはこちらの記事をご参照ください。

ヘッドスピードを飛距離から自動計算。ドライバーヘッドスピード計測。

自分の平均飛距離は?番手ごとの飛距離早見表【永久保存版】

 

レーザー距離計で正確な飛距離を知って他の部分を伸ばそう!

いかがでしたか?

スイングの改善やラウンド計画には、ヘッドスピード、ミート率、飛距離などの正確な数値を求めることが重要です。
本記事では、それらの数値を求める方法をいくつかご紹介しました。

ゴルフ初心者のうちから目安となる数字を把握しておけば、ピンポイントで自分の改善点を見つけられます。
一見面倒で地味な方法ですが、確実に上達へとつながるので試してみましょう。

計測は、ゴルフショップやゴルフ練習場などで有料で行う以外に計測機器を自分で購入する二つの方法があります。
手元に計測器があれば、必要な時に計測ができ効率的ですよ。

TecTecTecのレーザー距離計は、楽天やAmazonでレビュー数1位でご好評をいただいています。
簡単な計算でヘッドスピードも分かります。
レーザー計測器をご検討される際は、TecTecTecのレーザー距離計を一度ご確認ください。

関連記事

コラボ企画! ゴルピア×ゴルフ距離計

ゴルフの飛距離アップのための効率的な筋トレ方法とは

2020年PGA SHOW 動画で紹介