ゴルフ初心者が躓くウェッジ!飛距離を出すためのコツと注意点

ウェッジとは、主にアプローチといった短い距離のショットに使われるゴルフクラブのことを指します。
ゴルフを始めたばかりだと、クラブ一つ一つの特徴を理解して使いこなすのは至難の業です。
しかし、クラブを使いこなせるようになると、上達が早くなり、ゴルフをより楽しめるようになります。

そこで本記事では、ウェッジに絞って、ゴルフ初心者が飛距離を伸ばすためのコツや注意点をまとめました。
ウェッジでなかなか飛距離が出ないと悩んでいるゴルフ初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

初心者がウェッジの飛距離を伸ばすコツとは

ゴルフ初心者が、ウェッジの飛距離を伸ばすためのコツを3つ見ていきましょう。

 

正しいスタンスの位置をキープする

ウェッジを構えたときに、左足の付け根部分にグリップがくるように持ちましょう。
そうすることで、ゴルフボールにヘッドが正しい角度で当たるようになり、ミスショットを防ぎます。

ヘッドがボールに当たる瞬間のことを「インパクト」と言い、最も飛距離が伸びるクラブのポイントのことを「スウィートスポット」と言います。
姿勢が安定すると、このスウィートスポットにブレずにボールを当てられるようになり、必然的に飛距離も伸びます。

 

グリップを短めに持つ

ウェッジを使う時は、体格にもよりますが、5cmほどグリップを短めに持ちましょう。
ウェッジは他のゴルフクラブと比べて重いため、コンパクトに持つことでスイングが小さくなり、安定して打つことができます。
グリップを持つ位置で飛距離の調整もできるので、飛距離をコントロールできるように握る位置を意識しながら練習しましょう。

 

振り幅を変えて飛距離を調整する

ウェッジで打つときに、グリップを持つ位置で飛距離を調整する方法の他に、振り幅を変えて調整する方法があります。
スイングのスピードを変えて飛距離を伸ばそうとすると、ミスショットが増えてしまいます。
いろいろなパターンを練習することで、次第に意識的に飛距離をコントロールできるようになります。

 

初心者が注意しておきたいところとは

次に、ゴルフ初心者がウェッジを使う際に気を付けるべき2つのポイントを見ていきます。

 

フルショットをしない

ウェッジとは、飛距離を伸ばすためのゴルフクラブではなく、あくまで目的の距離に合わせたショットを打つためのクラブです。
思い切り振りかぶるフルショットは、飛距離のコントロールが難しくミスもしやすいため、決してしないよう気を付けましょう。

 

ダフリが起こらないよう正しい姿勢を意識する

ダフリとは、ヘッドがボールに当たる前に地面に当たってしまうミスを言います。
初心者がダフリを起こしてしまいがちなのは、打つ姿勢に問題がある場合がほとんどです。
グリップを短く持ってスタンス幅を狭くし、コンパクトに打つことを改めて意識しましょう。

 

ウェッジを理解して飛距離を伸ばそう

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、ゴルフ初心者がウェッジで飛距離を伸ばすために意識すべきことがご理解いただけたと思います。

ウェッジをマスターすると、思いのままに飛距離をコントロールできるようになります。
ゴルフ初心者の方は、コツと注意点を意識して、ウェッジの練習に力を入れましょう。

TecTecTecのレーザー距離計は、楽天やAmazonでレビュー数1位!
レーザー距離計を買うなら、ぜひ一度詳細を確認してみてください。

関連記事

Youtubeゴルフ人気ランキング!

限定カラー完売間近&新色限定カラー発売かも!?

【オススメ】Youtube ゴルフ人気ランキング!(ゴルフレーザー距離計)