ゴルフ上達のカギ!スイングで重要なビジネスゾーンをマスターしよう

ゴルフは、年齢問わず多くの人が楽しめるスポーツのひとつ。
30~40代でゴルフを始めたという人も少なくないでしょう。
ゴルフではあまり聞きなじみのない専門用語をいろいろ使いますが、その中の「ビジネスゾーン」という用語を知っていますか?
上達のカギとも言われるビジネスゾーンは、ゴルフをする人ならぜひ知っておいてほしい用語です。

今回は、ゴルフ初心者やスコアが伸び悩んでいる人に向けて、上達するためにぜひマスターしてほしい「ビジネスゾーン」について解説します。

目次

ゴルフスイングのビジネスゾーンとは

ビジネスゾーンとは、スイングした際にクラブが右の腰から左の腰を通過する範囲(左利きの方は反対)、つまりスイングの下半円部分のことを指すゴルフ用語です。 

インパクト前後となる重要な範囲なので、ビジネスゾーンはスイングの基礎と言われています。
ビジネスゾーンでクラブや体が正しい動きをしていると、スイングが安定し、安定したインパクトや飛距離アップにつなげることができます。
ミスショットが多い人やなかなかボールの芯に当てることができないという人は、ビジネスゾーンで正しい動きをマスターしましょう。

ビジネスゾーンがなぜ飛距離を伸ばすためには大事なのか

ビジネスゾーンの動きが安定していないと、たまたまボールが遠くに飛ぶことはあっても、狙って飛距離アップをすることは難しいでしょう。
飛距離を伸ばすには、リズムよくムダのないスイングで打点を安定させ、ボールを芯でとらえることが重要です。

実はゴルフでは、このリズムのある動きもポイント!リズムが安定していると、調子の良し悪しの差があまりなくなり、スコアが大きく崩れるということも減ります。

そして、スイング軌道が安定するので、芯に当たってボールを飛ばすことができ、おのずと飛距離もアップするのです。
ビジネスゾーンで正しい動きができるようになれば、クラブの動きが安定して、リズムよくムダのないスイングをすることが可能になります。

ビジネスゾーンをマスターして飛距離を伸ばそう

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、ゴルフスイングのビジネスゾーンについてご理解いただけたと思います。
飛距離を伸ばしよいスコアを出したい方は、まずはビジネスゾーンの練習をしっかり行ってみてください。

TecTecTecのレーザー距離計は、楽天やAmazonでレビュー数1位!
レーザー距離計を買うなら、ぜひ一度詳細を確認してみてください。

関連記事

限定シリコンカバー投票開始&ブログ読者限定お得なクーポン!!

ゴルフ初心者に必要な道具の予算ってどのくらい?

Krank Golf と TecTecTec