初心者がドライバーの飛距離をアップするためのポイントと注意点

ゴルフでは、クラブの種類によって飛距離が違いますが、中でもよく使うドライバーの飛距離が伸びない…と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
飛距離を伸ばすために、ひたすらゴルフ練習場で自己流の練習を重ねている人もいるかもしれません。
しかし、コツやポイントを押さえないまま、やみくもに練習をしてもあまり意味がないでしょう。
実は、ゴルフ初心者でも、ドライバーの飛距離が伸びるコツがあるんです。
この記事では、ゴルフ初心者の人たちに向けて、ドライバーの飛距離を伸ばすためのポイントを、わかりやすく解説していきます。
ドライバーの飛距離を上げたい人や、ゴルフのスコアを上げたい人は、ぜひ参考にしてください。

 

目次

初心者がドライバーの飛距離を伸ばすコツとは

ドライバーの飛距離を向上させるためには、まず、アイアンの練習をしっかり行いましょう。
ゴルフ初心者はスイング軌道が安定していないため、まずは扱いやすい7番アイアンで、安定したスイングの基礎作りを行うのがおすすめです。
この7番アイアンで、しっかりショットができるようになることが、ドライバーの飛距離をアップさせるポイントになります。
また、ドライバーのヘッドスピードを向上させるための練習をしっかりと行うことも重要です。
芯に当てることにばかり気を取られてしまうと、結果として、ボールに当てるだけのスイングになってしまい、将来的にヘッドスピード不足に悩まされてしまいます。
まずは、綺麗なショットではなく、ヘッドスピードの向上を目標に、練習を行いましょう。

 

初心者が注意しておきたいところとは

ドライバーでの飛距離に悩んでいる初心者がやりがちなのが、ひたすらドライバーを使って練習をしてしまうということです。
しかし、基本の打ち方が整っていないのにドライバー練習を続けると、間違ったフォームが定着してしまい、その打ち方から抜け出せなくなるということも起こり得ます。
また、打ち方が自己流になっていると、どれだけ練習を重ねても飛距離がアップすることはありません。

そうならないためにも、ドライバーでの練習をする前に、先ほど伝えたアイアンを使用して、まずは基本の打ち方をしっかりとマスターするようにしましょう。
クラブの握り方や足の幅、振り方や体重移動などをしっかりと確認し、基本の打ち方ができているかどうかをチェックしてください。
飛距離をアップさせるためのポイントやテクニックを覚えるのは、そのあとでも十分です。

ドライバーはシャフトが最も長く、そのうえ、打ち手とヘッドに距離ができてしまうため、扱いが難しく、的確にミートする難易度が高いクラブといえます。
そのため、初心者だけでなく上級者でも、ドライバーの扱いには悩まされます。
だからこそ、基本の打ち方を完璧に習得することが大切なのです。

 

では、ゴルフ初心者の平均飛距離は?

本記事ではゴルフ初心者が飛距離をアップさせる為のポイント等を解説致しました。

では、ゴルフ初心者の平均飛距離はどの程度なのでしょうか。
ゴルフ初心者の平均飛距離はどのくらい?現状把握が上達のカギにて詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、飛距離を図る際に便利なアプリについて、ゴルフの飛距離を測るときに便利なアプリ3選の記事にてご紹介しておりますので、合わせてご覧ください。

 

基本の取得がドライバー飛距離アップの近道!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、ドライバーでの飛距離アップのポイントがご理解いただけたと思います。
ゴルフ初心者の人は、まず基本の打ち方をしっかりと自分のものにして、アイアンでの練習を重ねていきましょう。

TecTecTecのレーザー距離計は、楽天やAmazonでレビュー数1位!
レーザー距離計を買うなら、ぜひ一度詳細を確認してみてください。

関連記事

TecTecTecレーザー距離計限定シリコンカバー 第4弾!

ゴールドコーストでゴルフとジェットスキー&ULTX800オレンジバージョン

You TuberとTecTecTecのコラボ動画